臨時大垣夜行

品川駅で発車を待つ大垣行臨時列車、通称「大垣夜行」(167系)です。もともとはグリーン車付きの165系で定期列車として運行されていました。「ムーンライトながら」が運転開始されると休み期間中のみ続行列車として運転されていましたが、その役割から「救済列車」とも言われ、さらに「きゅーさい」という発音から某社の健康食品に倣って「青汁」と呼ぶ人もいます。
「ムーンライトながら」同様上下とも大垣発着ですが、上りは東京が終着駅、下りは東京駅での混乱を避けるために、臨時ホームのある品川駅が始発となってました。
また、使用車両は2001年夏の場合、写真の167系8両(ボックスシート車)のほかに、同系のリクライニングシートへの改造車や、セミクロスシートの113系が運用されることもありました。113系運用日は扉の位置が他の運転日とは異なるため、他の運転日が品川駅7番線発であるのに対して、同駅8番線の発車となってました。
なお、乗車日2001年7月29日(日)の品川駅プラットホームでの様子を撮影しています。当日は、東京スタジアムでGLAYの野外ライブがあり、その帰りの乗客がかなりいました。
その後183・189系特急形電車に置き換えられ東京-大垣の全区間全車指定席として「ムーンライトながら91・92号」での運転を経て、2009年3月14日より臨時列車となった「ムーンライトながら」として運転されています。
品川駅に入線した「大垣夜行」(167系)。
撮影日:2001/07/29
先頭1号車乗車位置からの様子。
まだ余裕で進行方向の座席をキープできる。
ホームの地べたに座るため、予め敷物を用意しておいたほうが無難。不要な新聞紙を敷くという手も。

撮影日:2001/07/29-20:13
最後尾8号車乗車位置からの様子。
この時間は比較的後部のほうが空いていた。

撮影日:2001/07/29-20:16
6番線プラットホームから見た7番線の様子。
21:00ぐらいまではほとんど変わらなかった。

撮影日:2001/07/29-20:17
発車約2時間前ともなると、ぎりぎり座席につけるかなと言う程度に並び始めた。
この時間以降に並んでも座席をキープできない可能性が高い。
なお、入線時刻は23:20ごろ。

撮影日:2001/07/29-22:08
「ムーンライトながら&臨時大垣夜行」 に戻る
「日本の夜行列車」 に戻る 「品川駅プラットホーム」に戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO