ドラえもん海底ワールド

吉岡海底駅の横取基地内にあるドラえもん海底ワールドです。海底駅の見学客がトンネル開業当時より減少したため、子供連れをターゲットに新たに作られたものです。
基本的に学校休み期間中に営業するようです。2002年までは土・休日に快速「海峡」が「ドラえもん海底列車」となり、イベントカーも連結され、ドラえもんの着ぐるみも同乗しました。着ぐるみは他にここと函館駅ホームに登場しました。身長が低いため、撮影当日は女性が入っていました。また、ドラえもんに関する各種グッズや海底トンネルの記念品も販売されていました。
なお、海底駅見学の場合はここは最後に立ち寄るのみで、ドラえもん海底ワールドが目あての場合は海底駅見学はカットされました。また、2002年12月1日より特急が停車していましたが、北海道新幹線の工事着工により、2006年3月17日をもって吉岡海底駅が一般営業休止となり、ドラえもん海底ワールドも閉鎖されました。
ドラえもん海底ワールドの様子。常にテーマ曲がかかっていた。

撮影日:2001/03/15

【営業休止前の交通】津軽海峡線
※最新情報とは異なる
(JR)
札幌方面から
は特急「スーパー北斗」「北斗」に乗車し、函館駅で特急「スーパー白鳥」「白鳥」に乗換。
青森方面からは特急「スーパー白鳥」「白鳥」を利用。
東京方面からは東北新幹線「はやて」に乗車し、八戸駅で特急「スーパー白鳥」「白鳥」に乗換。
大阪方面からは寝台特急「日本海」を利用。青森駅で特急「スーパー白鳥」「白鳥」に乗換。

(航空機)
函館空港から函館駅前までバスで20分。函館駅でJR江差線に乗換。函館駅からは札幌方面からを参照。
北海道-7-青函トンネル に戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO