稚内駅プラットホーム

日本最北端の鉄道駅、稚内駅のプラットホームです。終着駅にしては1面2線のプラットホーム(撮影当時。現在は1線のみ)は寂しいのですが、1日8往復(特急3往復、普通5往復)の発着なので十分対応できます。

稚内駅
(駅舎など)
左が特急「サロベツ」(キハ183系)、右が特急「スーパー宗谷」(キハ261系)。
全ての特急は札幌が始発・終着駅であるが、車内販売があるのは「スーパー宗谷」のみ。

撮影日:2001/03/12
特急「サロベツ」。
撮影日:2001/03/12
特急「サロベツ」の側面。
ホーム柱に鹿児島県の指宿駅からの距離が掲示されている。
撮影日:2001/03/12
「サロベツ」の編成にの寝台車(14系)を1両組み込んだ夜行特急「利尻」(キハ183系)。
急行時代より毎日運転されていたが、、2006年3月改正より「はなたび利尻」として多客期のみの運転となったのち、2008年の運転をもって廃止された。

撮影日:2001/03/12

【交通】宗谷本線

(JR)
特急「スーパー宗谷」乗車。稚内駅迄札幌〜約5時間、旭川〜約3時間35分。特急「サロベツ」の場合は更に約30分時間がかかる。

(バス)
稚内駅前バスターミナル迄札幌駅前バスターミナル〜6時間。旭川駅前〜4時間45分。

(航空機)
稚内空港〜稚内駅前バスターミナル迄30分。発着路線:東京・新千歳
北海道-2-稚内・宗谷岬 に戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO