川越駅プラットホーム

埼玉の小江戸と呼ばれる川越市にある駅です。JR川越線と東武東上線が隣接しています。
JR線では国鉄時代の昭和60年に埼京線が開通したと同時に川越線も電化され、池袋方面からの10両編成直通列車が来るようになりました。後に新宿、恵比寿と運転区間が広がり、平成14年度より東京臨海高速鉄道りんかい線の新木場駅まで乗り入れています。なお、反対側の高麗川(こまがわ)方面へは4両編成の列車に乗換となり、一部八高線八王子まで運転しています。
東武線ではJR線と比べて池袋までの距離が短いこともあって運転本数はJRよりかなり多く、東京メトロ有楽町線との直通運転もあります。
JR川越駅に停車中の快速(205系)。撮影当時はりんかい線直通前で恵比寿行き。
大宮までの川越線内は各駅に停車する。池袋〜大崎までの山手線との平行区間は、途中新宿と渋谷に停車。高田馬場や原宿、目黒などの他の山手線の駅にはプラットホームがなく通過。

撮影日:2001/07/27
川越駅の駅名標。
撮影日:2001/07/27

【交通】川越線 東武東上線

(新幹線)
仙台・盛岡・青森方面からは東北新幹線「はやぶさ」「はやて」を利用。
秋田方面からは秋田新幹線「スーパーこまち」「こまち」を利用。
新潟方面からは上越新幹線を利用。
長野方面からは長野新幹線を利用。
以上はすべて大宮駅で川越線(地下のりば)に乗換。
名古屋・大阪・岡山方面からは東海道・山陽新幹線を利用し、品川駅で山手線外回りに乗換の上、大崎駅で埼京線に乗換。乗換電車が川越線直通でない場合は途中の快速停車駅で乗換。池袋駅で東武東上線に乗り換えるというルートもあり。

(JR)
新宿・池袋方面からは埼京線を利用。新宿〜川越間快速で約50分。

(東武)
池袋方面からは東武東上線を利用。池袋〜川越間快速急行・快速・急行で約30分。

(航空機)
羽田空港から
京浜急行線または東京モノレールを利用。
京浜急行線の場合は品川駅で、東京モノレールの場合は浜松町駅でそれぞれ山手線外回りに乗り換えのうえ大崎駅で埼京線に乗換。乗換電車が川越線直通でない場合は途中の快速停車駅で乗換。池袋駅で東武東上線に乗り換えるというルートもあり。
東京モノレールの場合は天王洲アイル駅でりんかい線に乗換。乗換電車が埼京線直通でない場合は大崎駅で、川越線直通でない場合は途中の快速停車駅でそれぞれ乗換、という方法もある。
成田空港から
京成電鉄「スカイライナー」を利用。終点京成上野駅からJR上野駅まで地下通路経由の徒歩。東北本線(宇都宮線)・高崎線に乗換。赤羽駅で埼京線(川越線直通)に、または大宮駅で川越線にそれぞれ乗換。
関東-3-埼玉 に戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO