関門人道トンネル下関側入口

関門海峡の下をくぐる関門トンネル(国道2号線)を掘削した時の作業坑を利用している人道トンネルです。
車道とともに1958年(昭和33年)に開通、1973年(昭和48年)より歩行者は無料で通行できるようになりました。
トンネルへはエレベーターで降り、門司側まで780m歩きます。所要はざっと10分というところでしょうか。
なお、入口そばには道の駅が併設されています。乗用車利用でも車を置いて気軽に利用できます。
また、エレベーターは乗車口と反対側が出口となります。
通行時間は6:00〜22:00(工事の場合は通行禁止の場合あり)。
人道トンネル下関側入口。英語、ハングルの表記がある。

撮影日:2001/08/28

【交通】山陽本線下関駅よりサンデン交通バス(長府・小月方面)で
    御裳裾(みもすそ)川バス停下車すぐ。ほぼ5分間隔で運行。

(新幹線)※下関駅まで
東京・大阪方面からは東海道・山陽新幹線を利用。新下関駅で乗換、山陽本線普通で下関駅は2つ目の駅。また、小倉駅で乗換の場合は鹿児島本線普通下関行きを利用。
福岡・熊本・鹿児島方面からは山陽・九州新幹線を利用。小倉駅で鹿児島本線普通下関行きに乗換。

(JR)※下関駅まで
福岡・大分方面からは特急「ソニック」などを利用。小倉駅で鹿児島本線に普通下関行きに乗換。

(航空機)
山口宇部空港〜唐戸バス停間約70分。
唐戸バス停からは徒歩で20分。サンデン交通の長府・小月方面バスを利用する手もあり。
発着路線:東京
中国地方-4-関門海峡 に戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO