博多駅新幹線のりば

九州経済の中心、福岡市のJR側玄関口である博多駅の東海道・山陽新幹線のりばです。
撮影当時、新幹線はJR西日本だけで運行していましたが、九州新幹線が開通した現在はJR九州も運行しています。
博多総合車両所へ向かう700系「のぞみ」。山陽新幹線での最高速度は285km/h。

撮影日:2000/08/20
山陽新幹線の列車は博多駅では基本的に折返し運転を行わず、約10km先の博多総合車両所まで回送される。
ただし、一部「ひかり」「こだま」のみ車両所そばの博多南駅まで運転される。博多〜博多南間は在来線特急扱いで、290円(運賃190円、特急料金100円)で乗車できる。

撮影日:2000/08/20

←画像クリックで500系galleryに移動!

博多駅に入線した500系「のぞみ」。山陽新幹線を最高速度300km/hで駆け抜ける。1号車と16号車の運転室側の乗降扉がない。なお、現在500系は8両編成に短縮されたうえ、「こだま」で運用されている。

撮影日:2000/08/20
左に写っているのは2階建て車両を2両組み込んだ100系(G編成)。最高速度が220Km/hのため、2003年には全列車270km/h運転が開始された東海道新幹線から引退した。その後4両・6両編成に短縮され山陽新幹線「こだま」として活躍し、老朽化により全車引退。

撮影日:2000/08/20
博多駅に入線した700系「ひかりRailStar」。16両編成の10号車の位置に8号車が停車する。
この編成は東海道新幹線には乗り入れないため8両に短縮し、指定席車両はグリーン車並みの両側2列ずつの座席配置となっており、ゆったりと座ることができる。
また、8号車には4人用の普通個室がある。
現在は「こだま」としての運用がほとんどであり、「こだま」では普通個室は閉鎖されている。

撮影日:2000/08/20
700系「ひかりRailStar」の行先表示。
撮影日:2000/08/20

【交通】東海道・山陽・九州新幹線 鹿児島本線 博多南線 篠栗線 地下鉄空港線

(新幹線)
東京・大阪方面からは東海道・山陽新幹線を利用。
なお、新大阪・新神戸発はインターネット限定「スーパー早特きっぷ」で片道10,000円。
熊本・鹿児島方面からは九州新幹線を利用。

(JR)
北九州・大分方面からは特急「ソニック」などを利用。
長崎・佐世保方面からは特急「かもめ」「みどり」を利用。

(バス)
宮崎駅から博多駅交通センターまで「スーパーフェニックス号」で4時間2分。
その他多方面からの発着あり。

(航空機)
福岡空港より地下鉄博多駅まで5分。
九州-2-福岡 に戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO